成人式の振袖を予約するためのベストなレンタル時期とは?

成人式の振袖は購入もレンタルも大体1年前からの準備が一般的で、早いと1年半前から準備をしている方もいます。なので、心から気にいった振袖を着たい方は、早めに準備に取り掛かるに越した事はありません。ここでは、成人式の振袖を予約するためのベストなレンタル時期についてお届けします。

振袖をレンタルする良さとは?

費用を安く抑える事ができる

まず最大のメリットは、振袖にかかる費用を安く抑える事ができる事です。レンタルなので購入するより安くなるのは当たり前なのですが、この費用が安く済むと言う点は大きなメリットです。また、レンタルの場合は後々の事を考えず、今自分が着たい柄、カラー、トレンドの振袖を選ぶ事ができます。そして、着用後は振袖を返却すれば良いだけなので、保管場所の確保やメンテナンスをする必要もありません。振袖の細かいメンテナンスは、想像以上に大変なので、メンテナンス不要な点はレンタルの嬉しいメリットです。まあ、振袖をあまり着る機会が無い場合、振袖レンタルの方が断然お勧めで経済的です。

お得なプレゼントや特典あり

振袖レンタルを利用する際、店舗によってはお得なプレゼントや特典を用意している場合があります。例えば、通常プラン料金より値下げされていたり、着物に合わせる小物が無料利用できたり、このようなプレゼントや特典がある場合もあります。なので、振袖レンタル店を探す際も、プレゼントや特典などにも注目してみるのも一つのポイントです。プレゼントや特典は、期間限定で実施されている場合、対象の条件が決まっている場合もあるので、事前にキャンペーン期間と対象条件はチェックしておきましょう。

振袖をレンタル予約する時期とは?

振袖レンタル店では、成人式の2年前にあたる高校を卒業する年の1月頃から広告を出し始めます。なので、多くの振袖の種類から自分が気に入る物を選びたい人は、成人式の2年前から色々と展示会に行くのがお勧めです。
確認しおきたいポイントには、振袖の種類、特典、支払い方法、キャンセル料、着付けの方法が挙げられます。しかし、高校卒業する年の1月は大学受験があるなど、落ち着いて振袖を選べる時期でもありません。なので、大学受験が終わった4月~5月頃に速い段階でレンタル店に出向くと、比較的多くの種類の振袖からお気に入りの一点を選ぶ事ができます。
大体の振袖レンタル店では、レンタル予約のピーク時期は毎年1月~3月です。理由は、その年の成人式にレンタルしていた振袖が戻ってくる時期に当たる為、お店に一番振袖の数が揃っているからです。なので、早く行動をすれば、選べる振袖の種類が残っていると言う事になります。

成人式の振袖のレンタル予約はギリギリでも間に合う?

成人式の振袖のレンタル予約は、式当日の3カ月前の11月頃までならギリギリ間に合います。しかし、予約時期が遅れる程、自分に合ったサイズ、好みの振袖、帯など、探す事が難しくなってきます。帯揚げや帯締めなどの小物類、草履、鞄なども早い者順なので、選べる種類は次第に限られてきます。そのような理由から、一生に一度の成人式の日には、なるべく速い時期での予約がお勧めです。
そして、レンタル時期を早めにした方が良い理由は、レンタルできる種類の選択肢を増やすだけではありません。成人式に振袖を着る為の着付けやヘアセットの予約にも、実は深く関わってくるからです。振袖はギリギリでレンタルできても、「着付けやヘアセットをしてくれる場所が見つからない」という事にならないようにしましょう。

新作の振袖が市場に出るのはいつ?

成人式の振袖レンタル品は、有名人のブランド着物やお店オリジナルの着物など、年に何回か新作を発表しています。こうした振袖の新作が市場に出回るタイミングはお店によって異なりますが、早いお店だと大体3月~5月の時期、遅くても毎年7月~9月の間に発表されます。やはり、一生に一度の成人式には「最新振袖を着て出席したい」「誰かの使い回しの振袖は嫌」などと思っている方もいますよね。こうした新作の振袖を見つける為に、展覧会などの予約をするタイミングで問い合わせてみるのも一つの方法です。

振袖をレンタルする時の値段相場とは?

着物と言うだけで高価なイメージがありますが、色々な呉服店を見てみるとおおよその振袖レンタルの値段相場は、約14万円~30万円が目安です。これだけ値段差がある理由には、着物の素材でも正絹かポリエステルか、手作りか量産かなど、色々な要因によって変わってくるからです。他にも、ブランド着物、有名デザイナーの振袖、新作振袖などになると、値段が高くなります。
成人式の振袖レンタルは、長襦袢、バッグ、草履まで、お出かけに必要な小物が全て揃ったフルセットレンタルが殆どです。そのような事からも、新しく振袖を一式揃えるより、レンタルの方がお得に準備する事ができます。レンタルするお店によっては、レンタル料金の中に写真撮影や着付けが含まれている場合もあり、レンタル店で成人式の準備に必要な事が全て賄える事は嬉しいポイントです。

振袖を選ぶ際に押さえておきたいポイントとは?

自分に似合う色を選ぶ事

皆さんは、自分に似合う色は何色だと思っているでしょうか?今までの洋服選びの経験から、何となく自分に似合う色は分かっていると思いますが、中には、正式に自分に似合うパーソナルカラー診断を受けた方もいるかもしれません。自分には寒色系が似合うのか、暖色系が似合うのか、その方向性だけでも把握する事ができていると、振袖の絞り込みの悩みも少なくなりますよね。自分に似合う色の着物を選ぶ事は、自分の印象を左右する要素の一つになります。

体型に合っている色や柄を選ぶ大切さ

振袖を選ぶ際の柄の大切さとは、振袖全体で見た時の柄のモチーフの大きさについてです。振袖の柄選びでは、1つ1つのモチーフの主張が強い大柄なものは、身長が高い人の方が着こなしに向いています。また、ふくよかな人であれば落ち着いた寒色系の振袖の方がスッキリして見えます。このように、自分の体型に合っている色や柄を選ぶ事は大事な要素です。
実店舗に足を運んで振袖を下見する事が可能な場合、実際に振袖を自分が試着して合わせてみるのがベストです。また、振袖を幾つか絞り込んで何着かで迷った時には、自分に合った柄がどんな柄であるか、写真比較して決めてみましょう。

第三者からのアドバイスをもらう

色々な振袖が用意されていて、選択肢が多過ぎてしまい、どの振袖が自分に似合うのか分からない事もありますよね。その際、自分1人でお店に足を運ばず、親や友達に付き添ってもらうのもお勧めです。一緒に振袖を選ぶ事ができれば、自分が選んだ振袖候補の中から、客観的に自分に似合う物を見てもらう事ができます。自分が好きな柄が似合わなかったり、自分では気付かなかった色合いの振袖が似合ったり、色々と選択肢広がります。

まとめ

一生に一度の成人式に着る振袖は、後悔しないように選びたいものです。購入かレンタルか迷う事もあるかと思いますが、着用後のメンテナンスや保管などもある為、手軽でお得に振袖を着用できるレンタルはお勧めです。最近はオシャレで素敵な振袖が色々とレンタルされています。振袖レンタルで素敵な着物を見つけて、晴れやかに着飾りましょう。